地図――1025年のビザンツ帝国

西暦1025年(バシレイオス2世最晩年)のビザンツ帝国(東ローマ帝国)の地図。版図とテマ、諸都市を示す。
西暦1025年(バシレイオス2世最晩年)のビザンツ帝国(東ローマ帝国)

※地図をクリックすると大きなサイズで表示します。

当時のビザンツ帝国は全盛期を迎えており、東地中海の大国の座にありました。その版図は現在のギリシャ、イタリア、トルコ、シリア、イラン、アルバニア、ブルガリア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボ、クリミアなど十数か国・地域に跨がるものでした。